狭い土地に建てるなら狭小住宅を依頼しよう|土地活用におすすめ

ウーマン

狭小地に建てる広い住宅

間取り図

価格や広さなどのメリット

狭小地とは、建物と建物の間にある小さな土地のことです。狭小地は狭いだけでなく、細長かったり三角形をしていたりすることが多く、その分建築には不向きということで空き地となっていることがあります。しかし昨今では、あえてそこに建てた狭小住宅が、注目されるようになっています。というのも、狭く用途が少ないからこそ狭小地の価格は安めなので、その分狭小住宅も比較的少ない費用で購入できるからです。もちろん購入後に課税される固定資産税も、狭い分だけ安めとなります。また狭小地自体が独特の形状をしている場合、そこに建築する狭小住宅も、オリジナリティのある形状となります。外観もスタイリッシュなものとなっていることが多く、この点もメリットのひとつと言えます。さらに狭小住宅では、間取りにも多くの工夫が凝らされています。敷地は狭くても、3階建てにしてあったり、地下室があったりと、空間的な広がりが持たせてあるのです。つまり、狭いために安く購入できるにもかかわらず、広々と過ごすことができるわけです。また昨今では、ロフトのある狭小住宅も増えています。ロフトは、広さや高さが制限をオーバーしていなければ、部屋ではなく設備という扱いになります。つまり床面積に加算されないということですから、その分建物にかかる固定資産税も安くなるわけです。また、収納スペースとしてロフトが設置してあることもあり、この場合は押し入れなどを作らずに済む分、部屋を広くすることができます。このようにメリットが多いことから、狭小住宅を購入する人は増えてきています。

なぜ戸建てなのか

間取り

今はどこでもそうだとは思いますが、絶対的に安心できて、情報公開漏れもなく、柔軟な対応力と徹底した品質管理が行き届いているのは施工業者選びのポイントになります。そしてどの業種でも共通しますが、どれだけ依頼者側との意識がシンクロしてそれを可能な限り実現出来るのかも重要です。川西市で一戸建てを建てる際にはチェックしてみましょう。

住まい選びを始める

一軒家

子供が自立するまでの一時期だけ一戸建てで暮らしたい方は、茅ヶ崎で賃貸の一戸建てを借りましょう。逆に保有したい場合は注文住宅を建てるか建売住宅を購入します。建売住宅は既に完成しているため、すぐさま一戸建てに入居したい方にとって便利です。

都心を離れて戸建てを持つ

部屋

神奈川県内で中古一戸建ての多い地域が鎌倉です。横浜や東京への通勤に便利なため人気があります。鎌倉で中古一戸建てを探すのであれば、不動産業者に希望する条件を伝えて紹介してもらうのが早くて確実な方法です。